40代の転職でのコツや心構え

現代社会における40代の転職について
一般的に40代からは転職が難しい、どこも採用してくれないなどという話をよく耳にします。しかし、それはごく一部の人たちの声でしょう。確かに20代や30代の方のほうが採用してもらえる場合は多いかもしれませんが、40代だからと言って採用してもらえないわけではありません。実際に私は43で転職しましたし、私の知り合いは50代ですが、転職に成功しました。

 

40代の転職における求人の探し方について
求人の探し方としては、20代や30代の方たちとこれといって違いはありません。ハローワークや求人サイトなどで常に情報収集をしましょう。ただ、コツとしては、できるだけ多くの候補をチェックしておくことです。質より数、というわけではありませんが、できるだけ多くのところをチェックしておけば、それだけチャンスも増えるということです。

 

40代の転職についてのアドバイス
私は面接で採用されない度に、ハローワークの職員の方に40代は転職が難しい、諦めたほうがいいかもという風に言われ続けました。信じられないかもしれませんがそのように言ってくる職員はいるのです。しかし、諦めてはいけません。他人にそのようなことを言われた場合は、心が揺らいでしまうかもしれませんが、これだけは忘れないでください。必ずチャンスは来ます。あと、簿記の資格を取っておくと有利になります。もちろん簿記のスキルが必要となる仕事での話ですが、簿記3級は簡単に取得でき、大変便利です。大切なのは意外とメンタル的な部分なのです。諦めたらそこでおしまいなので、強い意志を持ちましょう。

 

こちらも参考にしてください。
経済産業省

 

施工管理の転職を目指す

 

大学院卒の就職について
大学院を卒業して就職に困っているならこちら