多くの人が忘れがちな事実は、世の中にはたくさんの会社や仕事があり、その中の一つとして同じではないということです。たいていの人は現在働いている職場を基準として物事をとらえがちですが、今の職場の常識が他の場所で通用するとは限らないのです。転職活動をする場合、今の職場の常識が当たり前のことだと思い込んでいないか、一度疑ってみることをおすすめします。

 

私自身、転職を経験していますが、新卒で入社した会社と転職先の会社とでは任される仕事内容も社内ルールも大きく異なっていました。新卒で入社した会社では上下関係が厳しく、どちらかといえば補佐的な業務しか任せてもらえませんでした。これに対し、転職先の会社では上下関係がそれほど厳しくなく、若手でも責任ある仕事を任せてもらえました。2つの会社があまりにも違っているので、転職したばかりの頃はとまどったものです。

 

転職活動をするときには、自分が今の職場の常識にとらわれすぎていないかを疑ってみる必要があります。今の職場では不可能なことでも他の職場では可能かもしれません。もちろん、どんな会社や仕事にも良い点と悪い点があり、どの会社が優れているとは一概には言えません。しかし、転職をすれば、良くも悪くも変化が起こることを予想しておく必要があります。変化に対応できる柔軟な姿勢をもつことが転職には必要です。