転職するのは大変という時代はもう古く、近年は若者の転職者も急増していると言います。

  • 現在している仕事内容が自分にはあわない。
  • 働いている会社の給料が仕事と見合わない。
  • 働いている会社の人間関係が苦痛だ。
  • 自分のスキルを生かして、もっとステップアップしたい。

と転職理由は様々で、決して珍しいことでもないでしょう。

 

転職したいと心の内で考えだして、実際行動に移している人はそれ程多くはないと思います。
面倒だから。自分に自身がないから。現在の仕事に不満はあるけど、転職先がすぐに見つからなければ困ってしまう。あれこれと考えいるうちに時間が過ぎてしまいタイミングを逃してしまうこともあります。自分が納得していなければ、のちのちに後悔だけが残ってしまいます。

 

転職したいと思いだしたら、ぜひ転職先の候補のリサーチを初めてみましょう!自分が何をしたいか、このスキルを活かしたい等の目標があれば見つけやすいかもしれません。希望するような転職先が見つかれば、決断さえすればすぐにでも転職できます。

 

私自身も転職した経緯があります。
一度は就職しましたが、大学時代に就職活動していた時に魅力的に感じたが惜しくも受からなかった会社の支社が再度募集しているのを見て、即決断し転職活動に入りました。同業種・同職種だったため転職理由も一環していたことが良かったかもしれません。人事担当の方に言われた事に、リベンジしようと思ったやる気をかったと言います。そして決断が早かったため、若い力で即戦力となるという事がありました。

 

やる気さえあればあとは決断する!自身が納得のいく転職活動をしましょう。