今回は転職と学歴との関係と、実際に転職にはどのようなことが関係しているのかについて書いていきます。まず、転職と学歴はあまり関係がないようです。しかし、転職の選考では確認する企業もあるようです。天職で最も関係してくることは、その職業の経験年数と、実際にどのくらい勤務していたかです。

 

 後者の場合は約三年が普通だと言われています。この3年なのですが基本的に3年以上勤務していないと、就業していたとはみなされないので、就業年数というのも考えて転職活動を行うことが重要かもしれません。実際に今の世の中は3年以内に離職する人が多いように感じます。

 

 実際にはそのような統計データもでているので現実に起きていることなのですが、このような3年も持たないと基本的には転職は全くうまくいかないというのが普通らしいです。このように転職には学歴よりも職歴や経験、勤続年数が大きく関係しているので転職を考えている人はこの点もしっかりと考えた上で転職活動を行ってください。

 

 私としても転職するときには勤続年数が関係することは納得のいくことなので、自分の今いる会社で3年以上勤務しているかを確かめてください。私の感覚では3年未満の人は転職活動がうまくいっていないような気がするので、この点はシッカリと確認してください。昔から長続きしないような人は企業側は嫌う傾向があるので、ここは我慢してその風習に合わせることが重要だと感じます。

 

【参考サイトのご紹介】
50歳以上の求人 | 成功の秘訣まとめ
50歳以上の求人の探し方のコツを知りたい方はこちら!

 

 また、自由がいいから転職するというような人は転職なんかを選ばず、自分で起業したほうがいいと感じます。以上が私の思う転職活動に関しての学歴との因果関係ですが、実際に学歴はあまり関係ないようです。しかし、勤続年数は関係あるようです。